演出:中村敬一

Stage director: Keiichi Nakamura

 中村敬一は、日本全国でオペラ演出を精力的に行う、日本を代表するオペラ演出家の一人である。中でもびわ湖ホールでは『森は生きている』『魔笛~まほうのふえ~』『天国と地獄』『ルサルカ』『連隊の娘』『ミカド』『こうもり』をはじめとする〈びわ湖ホール 青少年オペラ劇場〉〈びわ湖ホール オペラへの招待〉シリーズのほとんどの演出を手がけている。彼の音楽的な視点と豊かな感性による誰もが親しめる舞台づくりは、常に各方面から高い評価を得ている。

 

 武蔵野音楽大学、同大学院で声楽を専攻。卒業後、舞台監督集団「ザ・スタッフ」に所属しオペラスタッフとして活躍。以後、鈴木敬介、栗山昌良、三谷礼二、西澤敬一各氏のアシスタントとして演出の研鑚を積む。

 1989年より、文化庁派遣在外研修員としてウィーン国立歌劇場でオペラ演出を研修。帰国後、リメイク版《フィガロの結婚》、二期会公演《三部作》、東京室内歌劇場公演《ヒロシマのオルフェ》、日生劇場公演《笠地蔵・北風と太陽》などでの演出により、1995年、第23回ジロー・オペラ新人賞を受賞。

 

 2000年3月にはオペラ《沈黙》演出で、新国立劇場にデビュー。その演出は高く評価された。2001年ザ・カレッジ・オペラハウス公演《ヒロシマのオルフェ》は大阪舞台芸術奨励賞を受賞。2003年のザ・カレッジ・オペラハウスでは《沈黙》を再び演出し、大阪文化祭グランプリ、音楽クリティック・クラブ賞を受賞した。本作品は中村敬一の多大な貢献により、その後、2005年度新国立劇場地域招聘事業の第一回作品に選ばれ、新国立劇場での上演後、大阪での凱旋公演を経て、文化庁芸術大賞受賞の快挙を果たすこととなった。

 2002年には、国民文化祭鳥取で、宮沢賢治原作、新倉 健作曲『ポラーノの広場』の台本と演出を担当。手掛けたオペラ台本には、この他に、松井和彦作曲《笠地蔵》、《走れメロス》、新倉健作曲《ポラーノの広場》、《窓(ウィンドウズ)》などがある。

 

 現在、国立音楽大学・大阪音楽大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授、大阪教育大学・沖縄県立芸術大学講師。